交通事故が起こった場合

交通事故が起こった場合、自身が車の事故の被害者のケースでも向こう側が間違いを全く受容しないケースは数多くあります。80-5-132

例えば、意思と関係して起こってしまったのではなくちょっと気が抜けて車をぶつけた状況などに、水掛け論に結果なってしまう状況がありそうです。80-18-132

例えそうであっても、そのまま車だけの物損片付けられて、忘れた頃に体の変調が現れた時に通った病院の証拠書類を警察署に提出するということは対処が遅くなる感は否定できません。80-10-132

それなら、自動車事故の過失割合の取り決めにはどのような判断基準が決まっているのでしょうか。80-8-132

細かく言いますと警察が決めるのは、主に事故の原因があったのはどちらのドライバーかという内容であって、「過失割合」ということではないのです。80-16-132

また、最終的に決定された事故責任者が公表されるケースはないです。80-19-132

そんな訳で、過失の割合がどうなのかは事故に関わった人たちの調整の結果で決定されたそれが損害賠償額の算定の根拠となる訳です。80-7-132

共に車の任意保険に加入をしていなかった場合には、両者がじかに調整をせざるを得ません。80-20-132

ところが、当然の事ながらそういったやり方では、非理性的な口論になる場合があります。80-12-132

さらに、お互いの主張が平行線をたどれば下手をすると、裁判に突入しますが、これは多くの時間とお金の甚大な損害は避けられません。80-4-132

ですからほとんど、各々の当事者についている保険の会社、そういった双方の自動車の保険屋さんにやり取りを全て任せるやり方を駆使して、適度な過失の割合がどうなのかを冷静に結論付けさせるのです。

そのような際には自動車の保険会社は前の交通事故の裁判によって導きだされた判定から算出した認められた基準、判例集を参考に推測と相談で過失の割合がどうなのかを出します。

そうは言っても自動車事故のケースでは不幸にも関わってしまったのか原因となってしまったのかの如何を問わず、とりあえず110番に連絡するのが鉄則です。

その後保険の会社に連絡を取り以後の対応を頼むのが手順になります。

正確な順番さえ把握していれば当事者同士の無意味な交渉となる事を未然に防止できるに違いありません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.modernpetfurtography.com All Rights Reserved.