www.modernpetfurtography.com

外食で注意したいことは、食事のバランスです。 特にランチなどは炭水化物メインの食事になりがちなので、うまく野菜やタンパク質を摂取する必要があります。 私はが食するときに重要視しているのは、ラーメン屋うどんなど、炭水化物がメインになるような外食はしない、 ということです。 この食生活をランチだけだとしても、日常化してしまうと、単に太ってしまうだけでなく、 糖尿病や内臓脂肪増加などの成人病にかかりやすくなってしまいます。 そのため、できるだけ炭水化物はランチ全体を100とすると、その40%以下になるように計算しています。 このような摂取方法が可能となる外食は、やはり和定食がベストです。 メインの食事(魚・肉)を1品選び、その他野菜や海藻類などを使用した副菜が2品ほどついたものがよいでしょう。 いくら仕事が忙しと言っても、健康を害してしまっては、元も子もなくなります。 外食は食生活のバランスが崩れがちなので、しっかり考えて食事を摂取するようにしましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.modernpetfurtography.com All Rights Reserved.