www.modernpetfurtography.com

自動車重量税、略して重量税という税金は、日本の車でもイタリア車という愛車の生産国やハイブリッドカー、クーペという車のタイプも全て同じで、等でも同じように課せられる税のことをいいます。新車を登録するさい、または車検の場合に支払いが発生するものなのです。この金額は対象となるクルマのウエートにより決められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に違う税金のためきちんと理解をして勘違いしないようにしなければなりません。「自動車重量税はクルマの重量で」「自動車税というものは自動車の総排気量によって」金額が変わります。それにより、引き取りする際の待遇も異なってきますので注意しなければなりません。車の売却の際には支払い済みの車の税額がどれだけ残っていても、その額が還ってくることはないのです。一方、自動車税であれば、支払い済みの額を買取額に足してくれるといったことがありますが、重量税の場合は足される場合は全然ないのが現状です。重量税の場合は、自動車の処分時に納付済みの額が残っているからと言って中古車の専門店側でその事実が材料になることはまずないのです。そのため次の支払いつまり車検まで待機してから買取っていただくという方法がベストでしょう。中古車買取時は還付の対象にならないのが重量税ですが特定の事例では還ってくることもあるのです。それは次の車検までの期間が残存している車を廃車処理する際です。要は、廃車申請をした際に残存期間に応じた金額が還付されます。ただ売却の場合はその車が廃車になるのとは違うので還付されません。そして、手放す車の名義の変更をした場合や盗難にあった場合も還付してもらうことは不可能です。重量税が残っている愛車を買い取ることは、要は車検の効力が残っているクルマということと同じです。それを買取店も配慮しますから、自動車重量税の残存期間があれば、買取金額はあがるはずです。当たり前ですが買取金額は店次第で変わりますが車検期間がまだあるということを考慮していただければ、売却する自動車の売却額と比較するとそんなに払い損と考えることもありません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.modernpetfurtography.com All Rights Reserved.