www.modernpetfurtography.com

今回はこの自家製コーヒーの具体的な煎り方をご紹介します。 一見難しそうに思えるこの作業ですが、よほどのこだわりがなければ、初心者の方でも可能です。 まずはじめに用意するのは、当然ですが、煎る前のコーヒー豆です。 そして鉄の中華なべと へら を準備してください。  準備ができましたら、お茶碗一杯分くらいのコーヒー豆を中華なべに入れてください。 ここで、欲張ってたくさん入れてしまうと、おいしくないコーヒーになりますので、一回分は少なめにしてください。 弱火で、絶えずかき混ぜ、かき混ぜ、かき混ぜていきます。このかき混ぜ方も重要で、ガスコンロによって火が一部に集中する場所があるので、そこを避けていきます。 その後10分から15分くらいで色が茶色に変わってくるのを確認できると思いますので、引き続きかき混ぜてください。色が均等でない場合は、さらに弱火でゆっくりしましょう。  30〜40分ぐらいで色は真っ黒になります。ある段階で豆からパチパチと音が出始めますので。その段階に来たら、最後に強火で煎ります。煙も出ます。豆が膨らみ、豆から油が出てきますので、かき混ぜたときの音が最後は小さくなります。その段階に来たら、火を止めて完成です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.modernpetfurtography.com All Rights Reserved.